86/BRZ Race 十勝ラウンド!

Photo by Shinya Hattori

9/26-27に北海道は十勝スピードウェイで行われたGAZOO Racing 86/BRZ Race第4戦!

3ヶ月遅れの開催となりました。9月下旬で気候は残暑くらいかなと思ったら日中の気温は15度前後でトレーナーや上着を着て過ごしていました、、、。

CG ROBOT Racing Teamは全国のスバルディーラーから募集を募り、毎戦4名前後の出張メカニックを派遣して頂いています。

今回は東京スバル様から3名派遣して頂きました!
みなさんは同期の仲だったようでお互いに連携が取れていてモチベーションも高く素晴らしい方々でした。

3日間ありがとうございました!

<予選> 9/26(土)

 木金曜日のドライ路面から土曜日は完全にウェット路面に、、、。全てのチームが前日までのデータが使えず、手探りの状態で予選を走る事に。

 結果としては10位で終わることが出来ましたが、セットや予選の出走のタイミングなどで運以外の要素で回避できた部分が多くあったので、そこは大きな反省点になると思います。

<決勝 ヒート1> 9/26(土)

14LAP   10位→10位

 スタート時に今まで体験した事のない事態が起こりました。シフトノブの後ろ側にVSCと呼ばれる横滑り防止デバイスのボタンがあるのですが、なぜかそれを腕のどこかで押してしまい、デバイスがONになってしまいました。ウェット路面で敏感にデバイスが作動してしまい全く加速ができず1周目で20番手まで下がってしまいました。

 その後全車両の中で4番手のタイムを出しながら猛追し、スタート時の10番手に戻ることが出来ました。

 ペースが良かっただけに全く意味のわからない事態になってしまい非常に残念ですが、ようやく初ポイントを取れた事にようやくスタートラインに立てたとホッとしています。

 凜太郎パイセンはレース1優勝おめでとうございます!チームメイトがいい成績を出すと本当にいい刺激になります!

<決勝 ヒート2> 9/27(日)

14LAP    10位→15位

 スタートは成功しましたが、4コーナーで団子状態になった前方のマシンから泥が飛んできてしまい視界がゼロに、、、泥がこべりついてしまいウォッシャーの水圧が足らず、視界が開けるまで時間を要しました。その間に数台にパスされてしまい劣勢に。(Instagramに車載動画あり

 その後は前方のマシンと付かず離れずの距離を保ちつつレースが終了。残念ながら2戦連続のポイント獲得にはなりませんでした。

 日曜日の決勝ヒート2では、朝方まで雨が降っていたようで、アスファルト上は乾いていてもコース外のグラベルは完全に泥となっていました。

 前方を走行していたマシンから巻き上がった泥を食らいなんともスバルらしい化粧姿になりました、、、泣

 余談ですが右の写真は2013年の手塚が86/BRZ Raceにデビューした時の写真です。どうやら原因はスバルではなく僕にあるようです。

<総評>

 今大会の決勝ヒート1はウェット、ヒート2はドライという比較的荒れたコンディションになりました。

 ウェットもドライも走行中のペースが非常に良かったので、シングル順位でのフィニッシュも現実的であったのですが、両ヒートともオープニングラップでミスと事件が起きてしまい、レースを台無しにしてしまいました。結果が全てのレースなのですが、自分の実力ではもっと上に行けたはずと思うと唇を喰いちぎらんばかりに悔しく思いました。

 改めて短い周回で全力を注ぐスプリントレースの難しさを痛感しました。

次戦は10/18の岡山県にある岡山国際サーキットです。今シーズンも残り2大会となりました。皆様にいい結果をご報告出来るよう全力で準備をして行きます。

 今後も手塚祐弥の応援をお願い致します!!!

86/BRZ Race Rd.6 オートポリス戦!

だいぶ遅くなってしまいましたが、8/30に行われたTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020 Rd.6 九州オートポリス戦のご報告です!

このワンメイクレース自体は2013~2017年の間に参戦していましたが、予算の都合で大分県にあるオートポリスはキャンセルしていたのでした。

スーパー耐久では出場すれば必ず優勝していたので僕は非常に大好きなサーキットです!なので今回出ることができるのは非常に嬉しく思っています。

Photo : Shinya Hattori

まずはこちら。手塚を長年ご支援くださり、また、今シーズンのライバルチームでもあるカバナ(Tx2)様からオリジナルマスクを頂きました!

こちらは非売品ではあるものの、実際に販売されているモデルと同じく50回洗濯ができるハイエンドなモデルで、どちらも縫製メーカーだからこそ出来る高品質なマスクになっていると思います。

見た目も非常にオシャレで普段から愛用しています。

Photo:Shinya Hattori

また、CG ROBOT Racing Teamは全国のスバルディーラーから募集を募り、毎戦4名の出張メカニックを派遣して頂いています。

 今回は南九州スバル、熊本スバル、山口スバル、東京スバルから来て頂きました。

今回は1日のみの参加になってしまいましたが、普段の業務では得られない貴重な体験をして頂けたかと思います。

皆さん本当にありがとうございました!

Photo:Shinya Hattori

<予選> 8/30(日)

タイム2:13:094 10位

 今回のレースウィークは木曜の走り出しから調子が良く、得意なオートポリスに自分の走り方がマッチしていたのかマシンセットにもあまり苦労せず全体的に良いフィーリングで走ることが出来ました。

 サーキット入りする前から前回のSUGOの雪辱を晴らすべくかなり気合を入れて準備をしてきた甲斐もあり、ランプラン(各走行時間に何をするか決めてあるスケジュールのようなもの、Run Plan)通りにテストができたという点も大きかったと思います。

 その甲斐もあり、予選では少々ミスがありましたがクリアラップで予選アタックをすることができ、BRZ勢最上位の10位になることが出来ました。

Photo:Shinya Hattori

<決勝 ヒート> 8/30(日)

10位→22位

 スタートで少しミスをしてしまい1台に抜かれてしまいましたが、その後ペースが上がらない車両を抜くのに手間取りながらもオーバーテイクし10位にポジションを戻します。マシン自体は非常にペースが良かったので遅れた分を取り戻すべく前を目指しました。

 そして6LAP目に体験した事のない雨量のゲリラ雷雨がコースを襲い、3コーナーでブレーキングをした瞬間に4輪のABSがフル稼働してしまい制御を失ってコースオフ、クラッシュパッドまで行ってしまいました。

 なんとか自走してピットまで戻り、レースは赤旗で終了。取れたはずのポイントを取りこぼしてしまいました。

Photo:Shinya Hattori

<総評>

 この86/BRZ Raceに対して並々ならぬ力を注ぎ、準備に準備を重ねてきました。それが功を奏し木金曜日のテストを効率よく進めることができ、そして予選でもプロクラスにステップアップして初めてトップ10に入ることが出来ました!

しかし決勝では予選アタック中にミスで失った約0.15秒により決勝ペースの上がらないマシンに前のグリッドからのスタートを許してしまい、決勝中に苦戦を強いられる要因となってしまいました。決勝でレースをするためにはいかに予選で1台でも前に出られるかが重要なのかを思い知らされました。

 今回の結果は自身が目指したものとは大きくかけ離れたものでレースウィーク中ずっと調子が良かった事もあり、決勝後はかなりの悔しさと喪失感でした。

 ですが今回の経験と皆様から頂いた貴重なアドバイスを糧とし、次戦に向けて精進していく所存です。

 次戦は9/27の北海道にある十勝スピードウェイです!3年ぶりの北の大地!!

手塚は2017年にここでBRZ後期型にて初優勝を飾り、かなり良い印象のサーキットです!

ここでは2レース開催とのことなので多くの経験を積んでいきたいと思います。

今後も手塚祐弥の応援をよろしくお願いいたします。

Photo:Shinya Hattori

86/BRZ Raceついに開幕!

約4ヶ月遅れでついにGAZOO Racing 86/BRZ Raceが開幕しました!

こんな状況でもレースが出来ることが本当に嬉しいし、僕にレースをさせてくれる全ての方々に感謝したいです!

なお、、、、、、、、

霧、、、、、、、、フォーグフォグフォグフォグフォグフォグ!

というわけでSUGOはなかなかの濃霧で7/25(土)は予選を中止するカテゴリーもあったほど、、、。
手塚が参戦するプロフェッショナルシリーズ(プロクラス)は予定よりは遅れたものの、無事に予選を行うことができました。

予選はコース上は若干濡れている箇所がありますが、ほぼ完全ドライの路面。
15分間の予選で、霧が濃くなって赤旗で予選が終わるのを避けたいチームは予選スタートと同時に出走、その前半組が路面を乾かして走りやすい路面ができるのを待つ後半出走組の2つに分かれました。

僕は前半に出走する方をチョイスしました。これが人生最大級の過ちで、なんとアタックラップ中にクラッシュ車両がいたため赤旗中断。

しかも

ゴールライン残り50mを切ったところで、、、、、

これにより手塚のタイムは採択されず、ニュータイヤの最もグリップする周を無駄にしてしまいました。予選再開後にもう1度アタックしましたが、全くタイムが伸びず21位 (正式では22位)。

再アタックでなんでタイムが落ちてるのー?って思う方もいると思います。
僕も今年初めて使ったので驚きましたが、僕がサポートを受けているブリヂストン様のRE-07Dは計測1周目が魔法のようなグリップをもたらしてくれます。他のドライバーもそこを狙ってタイムを出しに行くのですが、2周目以降は魔法が解けてしまいます。(それでもスポーツラジアルの最高峰のグリップがあります、すごい)

計測1周するためにはアウトラップ→計測→インラップの計3周走る必要があります。赤旗中断が終わって再アタックした場合、また3周走って合計6周タイヤを使ってしまったことになります。大きなディスアドバンテージが生まれてしまいました。

気を取り直して決勝ヒート1。今回はコースが短いので2レース制になっています。

スタートは混乱こそなかったものの、自分がいたポジションの問題で後一歩でクラッシュの危機になりそうな事態もちらほら、、、。

その後はレースペースも良かったのですが、(各車の条件は違うが7番タイム)そもそもオーバーテイクが難しいSUGOではスタートの混乱でジャンプアップする以外は接触覚悟で抜きに行く必要があります。

いきなり開幕から車を壊すわけには行かず、また、そうまでして順位を上げても10位以下でのフィニッシュは避けららないので自分の評価が上がらないし、アイツはぶつけてくるヤツだ!って思われるのも嫌なので、悔しいですが今回は大人しく走りました。結果はP22→P19

7/26(日)ヒート2

気を取り直して日曜日のレース2!!

はい、昨日より濃霧です、、、、、。

PCCJとTCRJは決勝を中止、86/BRZ RaceクラブマンオープンクラスはSC先導を3周走って赤旗中止という状況!

午後になっても霧は晴れませんでしたが、15時を過ぎたところでようやく決勝を行う連絡が来ました(6時間待った笑)。

ここで悩んだのはコースのコンディションが霧で全くわからない事と、天気予報では雨が降ってきそうな時間帯だったこと。

そのため、ウェットコンディションになっても良いように雨用のエア圧でコースインした所、コース上が完全にドライ路面だったのでグリッドについた時にマシン作業時間を利用してドライ用のエア圧に変える事にしました。

SGTやS耐のような耐久レースを除く国内の大抵のレースでは、
10分前:マシンがグリッドに到着。
5分前:マシンに対する作業禁止&スタッフ以外退去(ここまで作業OK)
3分前:スタッフ全員退去
1分前:Start your engines!

という流れなのですが、今回は時間の巻きが入ってしまい、本来5分ほどある作業時間がなんと1分に!!!!!インフォメーションしてくれ〜!!!

これのおかげでリアはほとんどエア圧を落とせずドライでレースをすることに!周回を減算され、10周のレースのうち6周をセーフティカーで消化し4周のみの超スプリントレースになりました。

先述の通り、リアだけウェット用のエア圧になっている手塚のマシンはトラクションとリアグリップが大きく失われてフラフラ状態、、、。防戦一方のままレースが終わってしまいました。

今回は4ヶ月ぶりのレースと3年ぶりの86/BRZ Raceに復帰と言うことで、かなり気合を入れて臨みましたが、残念ながら自分が思っていた結果にはなりませんでした。

予選は不運としか言いようがなく、誰も責めることが出来ませんのでこれもレースと受け入れて自分の糧にしようと思います。

 次戦は8/29の大分県にあるオートポリスです。COVID-19や水害で大きな被害を受けている九州ですが、無事に開催されることを祈りつつ、手塚の実力が発揮できるよう全力で臨みたいと思います!!!

2020体制発表その1

さて、ありがたいことに今シーズンのスケジュールが固まってきており、昨年以上に多忙な1年になりそうです。

という訳で今シーズンの体制発表をひとつしたいと思います!

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race
プロフェッショナルシリーズ!!!

3年ぶりに86/BRZレースに復帰します!

チームはCG ROBOT RACING TEAM

今シーズンのカラーリング

株式会社スバル様から支援を受けた株式会社PROVA様が運営するBRZ勢のトップチームになります!

このワンメイクレースから丸2年離れていた僕にお声をかけていただき、帰ってこれた事に非常に興奮しており、またスバルの看板を背負ったチームに所属できた事に誇りとプレッシャーを感じています。

このチームの内容などは先日発売されたCG(カーグラフィック)4月号をご覧ください!

手塚祐弥は2013年に栃木スバル様から支援を受けてこの86/BRZ Raceで四輪レースデビューを果たしました。

その後、2017年までの5年間クラブマンシリーズをスバルBRZで戦ってきました。16年17年に1回ずつ優勝し、これはスバルディーラーチームでは唯一の優勝になりました。

2016年にはシリーズ2位まで行き、僕が乗っていた「栃木スバルOTモチュールBRZ」はなんとトイザらスのトミカにもなりました!

僕にとってBRZとはハコ車レースでの大事なものを全て教えてくれた先生のような存在です。

<<<What’s a 86/BRZ Race ?????>>>

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceとは、2012年から販売されているトヨタ86とスバルBRZという兄弟車を使用してスプリントレースを行うシリーズです。

スプリントレース:複数人で交代しながら長距離長時間戦う耐久レースに対し
         て、10周前後でピット戦略を行わないレースの事。
         超簡単に言うとマリオカート。

このレースは
・プロフェッショナルシリーズ
・クラブマンシリーズ エキスパートクラス
・クラブマンシリーズ オープンクラス
の3つのクラスに分かれており、上に行くにつれてドライバーやチームのレベルが高くなっていくイメージになります。(もちろんクラスを掛け持ちしているチームもたくさんあります。)

このレースの大きな特徴は、ディーラーからこのレース用にロールケージなどのプチ改造された車を購入し、必要最低限の改造を施してナンバー付き車両のままレースが行える点になります。スバルBRZで言うならRA Racingが該当します。

SUBARU BRZ RA Racing 後期型

納車後に改造可能な箇所(レースに出る場合)

・機械式デフの装備
・運転席と助手席をバケットシートにする
・5点or6点ハーネスを装備する(TAKATA勢が純正でついてくる)
・水温、油温などのメーターを増設する
・ホイールの選択(サイズは決まっているがメーカーは自由)
・ブレーキパッド(メーカー自由)
・TRD or STI 指定車高調キット装着
・強化ブシュ装備
・タワーバーの装備
・エンジン、ミッション、デフ用オイルの自由。

などが挙げられます。レース後には公道走行チェックがあるので、レース車両をそのまま自走させて帰ることも可能です。つまり、週末にレース車両でサーキットに行き、レースを行ってそのクルマで帰宅することが出来るというわけです。

サンデーレーサーな方から僕のようにレースの登竜門とする方まで多くのドライバーを受け入れてくれるのが86/BRZ Raceですが、僕が今シーズン参戦するプロフェッショナルシリーズはエントリーリストをご覧になるとお分かりかもしれませんが、日本のトップドライバーが多く集まる超超ハードモードなカテゴリーなんです。

3年ぶりの浦島太郎になっている僕はいち早くプロフェッショナルシリーズ用のタイヤと新車の感触に慣れて、結果を残していくことを目指していきたいと思います。

スバルBRZを駆る手塚祐弥の走りにぜひご期待ください!!!